9/24秋コレ参加記録 もっと上手く出来ないものかな・・

※フェチフェスのレポートは来週から順次アップ予定です。お待ち下さい。

9月24日に行われた「秋コレ」。

秋葉原をテーマにした同人誌、作品の即売会ということだが、どうも最近秋葉原に関するものがあるのかないのかわからないサークルも見受けられるようになってきている。かくいう私も今回は秋葉原に関する新刊が落ちてしまって人のことは言える筋合いではないのだが・・

この即売会のポイントは、立地。ベルサール秋葉原やUDXといった、秋葉原でも比較的駅に近い場所での開催であり、なおかつ一般入場無料のため、来場者が入ってきやすい環境にある。

実は以前参加した際は秋葉原の外れの方にある通運会館での開催で、かつ入場にカタログが必須だったため、場内はほとんど人が居ないような状態であった。それと比べると、今回は多くの人が来場していたように思う。思うが、場所のポテンシャルを考えるとまだまだ周知不足、イベントとしての未熟さを感じてしまう。

トークショーに誰が出演するのか、何時から行うのかなどの記載が公式サイト内にはないし、twitterにも記載がない。これでは企画が集客につながらないし、イベント自体の集客にもならない。トークを聞いていた人の人数もかなり少なかった。以前のグルコミで、久住昌之先生、ビッグ錠先生のトークショーを行ったときには非常に盛り上がったのだが、それと比べてもかなり差があるように感じた。

そんな中ではあるが、このイベントには参加メリットがあることにも気がついた。それは・・

←25日21時頃に更新するまで。ブログランキングにご協力をお願いします。

今の秋コレに参加している理由の7割以上はこれである。サークルの立場から言うとこのイベント単体でどうこうというよりは、自サークルを知ってもらい「こんな本を作っている人がいる」と認知してもらう目的のほうが大きいように思う。なので、おそらく今回と同じ形式(一般入場無料)で行われる場合は、次回も参加することになると思うのだ。